生中出しが大好きな淫乱人妻のエッチ体験談

私はごく普通の平凡な主婦です。
ほかの投稿者の方々のような経験はありませんが、生中出し大好きですので参加させてもらいます。
そもそも私は、そんなにセックスが好きというわけではなかったのです。
何となく、相手の子も気持ちいいんだったらまあいいかという感じで、自分から求めるということはありませんでした。

そんな私が変わったのは今から7、8年程前。
夫と出会ったのがきっかけでした。
彼は私より一つ年下で、第一印象は「とても穏やかな笑顔の人だなあ」という程度でしたが、話をしているうちにどんどん彼にのめりこんでいってしまいました。
彼との初めてのセックスは、初デートから一週間後のことでした。
でも、その時は彼は何も言わずにゴムをつけてくれました。
私はこれまでも当然のようにそうしてもらってたので、それでよかったのですが、彼のおチンチンは今まで私が経験したどのおチンチンよりも太かった(長くはないけど、根元がすごく太かった)のです。
私のおマ○コからは、まるで初体験の時みたいにうっすらと血がにじんでいました(ちなみに、今でもたまに血が出る…)。
それでも、その後2、3回はゴムをつけてしていたのですが、次第に私が濡れにくくなってきてしまいました。
そうなると痛くてたまりません。
ローションを使ってもその時限りです。
そして、私からお願いして生でセックスするようになりました。
初めは彼は相当戸惑っていたようでした。
何回も「本当にいいの?」と聞いてきました。
私も内心ドキドキしましたが、OKしました。
すると、「今までのセックスって何だったの?」と言いたくなるくらいの快感を覚えたのです。
それは彼も同様でした。
それからの私たちは、当然のように会う度に生でお互いの体を求め合いました。
でも、この頃はまだ中出しはNGでした。
初めての中出しは、それから4年程後のことでした。
その時はいつもより丁寧で、ねちっこい前戯で私はもうすでに何回か絶頂に達していました。
私は胸が性感帯で、とくに左の乳首はどうしようもないくらい敏感なのです。
彼はいつも激しく舌を絡め合っている間も休みなく巧みに私の左乳首を刺激し続けます。
そうされると私はたまらなく気持ちよくなって、トロトロのジュースがおマ○コに溢れてくるのです。
もうどうでもいいくらい気持ちよくなって、手足に力が入りません。
私は早くこのトロトロのおマ○コに生チンチンを入れて欲しいのですが、それを知ってか知らずか指で弄んでいます。
そして何も言わずに目の前におチンチンをちらつかせるのです。
私は無我夢中でおチンチンを舐めまくります。
口の中で脈打つおチンチンがもうすぐ私のおマ○コにズブッと入ってくると思うと、私はもう我慢できなくなりました。
「…入れて…」
と言うと、
「何を?」
私は早く入れて欲しくてたまらなかったので、
「これ!」
おチンチンをしごきながら答えると、彼はいやらしい顔でさらに言うのです。
「何を?どこに?どうして欲しいの?」
私もすっかり妙なテンションになってたので、素直に
「おチンチン、おマ○コに頂戴!」
と言いました。
ところが彼はさらに、
「どうなってるおチンチンを、どうなってるおマ○コに欲しいの?」
と言ってきます。
もう私は、とっくに限界でした。
半狂乱になって、
「ガチガチの、堅くておっきいおチンチン、ぐちょぐちょのおマ○コに突っ込んでかき回して!」
「生で?」
「うん、生で!生チンチン欲しいの!」
すると彼は満足げに、
「いやらしいなあ、紀子ちゃん。生チンチン好きなの?」
と言いながら先っぽだけを出し入れ。
「うん、好き!生チンチン大好き!だから奥まで入れて!めちゃくちゃにして!」
そこまで言わせると、やっと彼は私の腰をわしづかみにして一気に奥まで入れてくれました。
こうなると、もう私は彼の肉人形です。
小柄な私の、きつすぎるおマ○コは彼のおチンチンでいっぱいです。
いろんな体位で突かれている間も彼の言葉責めは続きます。
「ほら、紀子ちゃんのおマ○コが、おチンチンくわえてるよ。見える?」
「あー、いやらしいおマ○コが、おチンチンおいしいおいしいって言ってるよ」などなど。
そうしているうちに、おチンチンがびくびく。
あ、もうすぐかな?と思った時に、彼が耳元で
「中でいい?」
と言うのです。
「だめ。赤ちゃんできちゃう」
私は喘ぎながらも拒否しました。
すると彼の腰はますますスピードアップ。
また強烈な快感が。
「中で出したい…」
今度は舌を絡めながらの懇願です。
「…だめ…」
それだけ言うのがやっとでした。
今度は、彼は不意におチンチンを抜くと、私を四つん這いにしてバックで挿入してきました。
「!!」
私は強烈な電気ショックを受けたように体を反り返らせました。
こんなに後背位で感じたのは初めてでした。
もう、本当にどうでも良くなりました。
そしてさらに私の敏感な左乳首をクリクリされながら彼はとどめをさしてきました。
「中で出していい?」
完全に私の負けです。
「…うん」
しかし、彼の攻勢はまだ続きます。
「どこに出して欲しいの?」
「……」
私が黙ってしまうと、彼は腰の動きを止めます。
まるで拷問です。
そんなこと、恥ずかしくて言えません。
でも…。
「…おマ○コに…出して…」
するとご褒美のように彼はまた激しく腰を動かしてくれました。
もう私の理性は何処かに行ってしまいました。
言えと言われてもいないのに、
「お願い!私のおマ○コに、精子ちょうだい!」
「おマ○コの中で、ドピュって出してえ!」
「ちょうだい!精子、おマ○コに!」
など、どんどんエッチな言葉が飛び出してきます。
そしていよいよ…
「ぐうっ!出るよ!」
「出して!出して!ドピュって、精子いっぱい出して!」
バックから一番深いところまで差し込まれたおチンチンから、生暖かい液体がジュワッと広がっていくのがわかりました。
ドクドクおチンチンが波打って、やがて精子が逆流してきて、溢れてきました。
ぐちょぐちょになったシーツをみて、あー、やっちゃったと思いました。
でも、中出しされる瞬間がとんでもなく気持ちよくて、これはもうやめられないなあとも思いました。

案の定それからは毎回生中出しでのセックスばかりになりました。
子どもができたら結婚しようと彼も言ってくれて、その後妊娠、結婚して出産しました。
今は二人目が年内に産まれる予定です。
今後はしっかり安全日を狙って生中出しセックスに励みたいと思います。